ルイヴィトン ブーツを使ったオフィスカジュアルコーデ

ルイヴィトン ブーツで叶えるオフィスにも馴染む、こなれたカジュアルコーデ

ハイブランドでありながら、カジュアルな着こなしにも落とし込みやすいルイヴィトンのブーツ。今回は、オフィスカジュアルにもマッチする、こなれたコーデ術をご紹介します。

足元に抜け感をプラスするアンクルブーツ

タイトなパンツやスカートと相性の良いアンクルブーツは、オフィススタイルにも取り入れやすいアイテムです。ルイヴィトンのアンクルブーツは、洗練されたデザインで、足元にさり気ない高級感を演出します。デニムやチノパンを合わせても、程よくカジュアルダウンできます。

重厚感を抑えるスニーカーブーツ

スニーカーのような履き心地と、ブーツのスタイリッシュさを兼ね備えたスニーカーブーツ。ルイヴィトン スニーカー コピーブーツは、スポーティすぎず、フォーマルすぎない絶妙なバランスが魅力です。スーツやジャケットスタイルにも違和感なく合わせることができます。

アクセントカラーで個性をアピールするブーツ

オフィスコーデの定番カラーである黒やブラウンのブーツに飽きたら、アクセントカラーを取り入れたブーツに挑戦してみましょう。ルイヴィトンのブーツは、鮮やかなレッドやブルーなど、バリエーション豊富に揃います。足元に差し色をプラスすることで、個性的なコーデが完成します。

コーデ例1:アンクルブーツ×ワイドパンツ

ブラックのアンクルブーツに、ホワイトのワイドパンツを合わせたスタイリッシュなコーデ。パンツの裾からブーツが覗くことで、抜け感が出てこなれた印象になります。トップスには、シンプルなニットやブラウスを合わせれば、オフィスでも浮きません。

コーデ例2:スニーカーブーツ×デニム

グレーのスニーカーブーツに、ライトブルーのデニムを合わせたカジュアルなコーデ。スニーカーブーツのスポーティな雰囲気とデニムのラフさが絶妙にマッチします。アウターには、チェスターコートやライダースジャケットを羽織って、スマートさをプラスしましょう。

コーデ例3:アクセントカラーブーツ×タイトスカート

ネイビーのタイトスカートに、レッドのアクセントカラーブーツを合わせた個性的なコーデ。ブーツの色をトップスの柄やアクセサリーとリンクさせると、よりまとまりのある印象になります。オフィスでは、ジャケットを羽織って上品さをプラスしましょう。

まとめ

ルイヴィトンのブーツは、オフィスカジュアルコーデにこなれ感と高級感をプラスする、頼れるアイテムです。アンクルブーツ、スニーカーブーツ、アクセントカラーブーツなど、さまざまなタイプを組み合わせて、自分らしいスタイルをお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です